【マクリン式】リライトをエクセルマクロシートでやってみた!

記事を書いた後によく『リライトした方がいい』という言葉をよく耳にしていると思いますが、『リライトってどこから手を付けて、どうやったらいいのかわからない』と思っている方も多いでしょう。

私もその一人でしたが、ネオ1000万プレーヤーのマクリンさんがご紹介している『サーチコンソールとスプレッドシートを使った、リライトする記事の選び方』を参考にリライトするようにしたら、リライト対象にする記事の選び方も明確になりました。

少しづつではありますが、クリック数も増えてきているので、記事をリライトした効果が出てきています。

マクリンさんが紹介している『サーチコンソールとスプレッドシートを使った、リライトする記事の選び方』を【マクリン式】リライトマクロシートと名付けてエクセルマクロで作ったので、【マクリン式】でリライトしている方や【マクリン式】リライトをやってみたいという方はぜひ使ってみてください。

このマクロは、【マクリン式】リライトを試してみたいけど、自分でスプレッドシートやエクセルを使って作るのは苦手だという方にぜひ試してみてほしいです。

【マクリン式リライト】サーチコンソールで元データをダウンロード

マクリンさんが紹介している『サーチコンソールとスプレッドシートを使った、リライトする記事の選び方』に沿ってデータを『CSV形式』でダウンロードします。 こちらの作業手順はマクリンさんが詳しく紹介していますので、省略します。

【マクリン式】リライトマクロシートでデータを整理

【マクリン式】リライトエクセルマクロシートでデータを一発で整理します。

この【マクリン式】リライトエクセルマクロシートは、マクリンさんがご紹介している手順【Googleスプレッドシートでリライト用データ作成】の『STEP5』までで止まるようになっていますので、最後の並び替えは自分で行ってください。

【マクリン式】サーチコンソールを使ったリライト方法を実践した結果

【マクリン式】リライトマクロを実践した結果…クリック数が上がりました。

お見せできるのがちょっとマニアックなキーワードですが、きちんと対処したので、クリック数が伸びています。 他のキーワードもきちんと伸びてくれました。 お金をかけなくても【マクリン式】リライトを実行すると記事を伸ばすことが出来るので、リライト方法にお悩みの方は試してみてください。

関連記事