【Access】初心者からVBAまでまるわかりおすすめ参考書

【Office365とは?】Accessも使えてインストール不要

スポンサーリンク
アクセス【Access】
スポンサーリンク

少し前までは、プレインストールというパソコンを購入した時にエクセルやワードなどのOfficeが最初からインストールされていて、そのパソコンに限って、パソコンが壊れるまでずっと使えるというかたちが多かったです。

しかし、最近はクラウド型のOfficeが主流となりつつあります。

スポンサーリンク

クラウド型のOfficeとは?

クラウド型のOfficeとは、毎月か毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できまるOfficeのことです。

こういうタイプのものを『サブスクリプション型』と言います。

スポンサーリンク

【Office365】とは?

マイクロソフトでは、サブスクリプション型で販売されるOfficeおよび関連サービスのことを『Office365』と呼んでいます。

つまり、Office365は、毎月か毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できます。

そして、クラウド型はパソコンへインストールする必要がないので、インターネットが繋がる環境であれば、どこからでもログインしてExcelやWord、Accessを使うことができます。

【Office365】の特徴

  • パソコン以外の端末でもOffice365は使用可能

Office365はパソコン以外にもAndroidやiphoneなど、タブレット端末にもインストール出来ます。

  • OneDriveが1TBまで使用可能

OneDriveとはマイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービスのことです。

  • 毎月60分間、Skypeでの通話が可能

Skypeとはインターネット回線で音声やビデオ通話のできるサービスのことです。

Skypeから固定電話や携帯電話への通話が毎月60分間無料となります。

  • テクニカルサポートがついている

Office365では分からないところなどの使い方や不具合などのサポートも行ってくれます。

チャットか通話でのサポートが可能なので、分からないところをしっかりサポートしてもらえるので、安心です。

【Office365】最大の特徴

Office365はクラウド型なので、常に最新のものを使用することができます。

さらにOffice365は、『インストール数は無制限、同時に最大5台のデバイスでサインイン可能』です。

スポンサーリンク

まとめ

Officeが最初からインストールされていないパソコンでOfficeを使用する場合やAccessを使いたい場合はOffice365がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました