【Office365とは?】クラウド型でどこでもAccessが使える!

サブロー

サブロー

Office365ってなに?

あすてる

あすてる

マイクロソフトでは、サブスクリプション型で販売されるOfficeおよび関連サービスのことを『Office365』と呼んでいるんだよ。

つまり、Office365は、毎月か毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できるの。

サブロー

サブロー

毎月支払うOfficeにメリットってあるの??

あすてる

あすてる

Office365は、クラウド型なの。

クラウド型はパソコンへインストールする必要がないので、インターネットが繋がる環境であれば、どこからでもログインしてExcelやWord、Accessを使うことができるんだよ。

少し前までは、プレインストールというパソコンを購入した時にエクセルやワードなどのOfficeが最初からインストールされていて、そのパソコンに限って、パソコンが壊れるまでずっと使えるというかたちをとっているものが多かったですが、最近はクラウド型のOfficeが主流となりつつあります。

クラウド型のOfficeとは?

クラウド型のOfficeとは、毎月か毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できまるOfficeのことです。

こういうタイプのものを『サブスクリプション型』と言います。

【Office365】とは?

マイクロソフトでは、サブスクリプション型で販売されるOfficeおよび関連サービスのことを『Office365』と呼んでいます。

つまり、Office365は、毎月か毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できます。

そして、クラウド型はパソコンへインストールする必要がないので、インターネットが繋がる環境であれば、どこからでもログインしてExcelやWord、Accessを使うことができます。

あすてる

あすてる

Accessってあんまりパソコンにインストールされてないんだよね。

【Office365】の特徴

  • パソコン以外の端末でもOffice365は使用可能

Office365はパソコン以外にもAndroidやiphoneなど、タブレット端末にもインストール出来ます。

  • OneDriveが1TBまで使用可能

OneDriveとはマイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービスのことです。

  • 毎月60分間、Skypeでの通話が可能

Skypeとはインターネット回線で音声やビデオ通話のできるサービスのことです。

Skypeから固定電話や携帯電話への通話が毎月60分間無料となります。

  • テクニカルサポートがついている

Office365では分からないところなどの使い方や不具合などのサポートも行ってくれます。

チャットか通話でのサポートが可能なので、分からないところをしっかりサポートしてもらえるので、安心です。

PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能になります。

【Office365】最大の特徴

Office365はクラウド型なので、常に最新のものを使用することができます。

さらにOffice365は、『インストール数は無制限、同時に最大5台のデバイスでサインイン可能』です。

まとめ

Officeが最初からインストールされていないパソコンでOfficeを使用する場合やAccessを使いたい場合はOffice365がおすすめです。

パソコン自体を持っていない場合は、オフィス付きの安いパソコンを購入する方が諸経費を抑えられることもあるので、じっくりと状況を見極めて購入しましょう!

NECダイレクトならオフィス付きの格安パソコンがあります。

安心のNECなので、キーボードも打ちやすく、おすすめです。

関連記事