アクセス【Access】

【AccessVBA】テーブルデータをクリック一つでCSVにエクスポートするコード

販売管理システムのデータを利用したりする時にはCSVというデータ形式に変換されていることが多いので、エクセルやアクセスで加工、編集してもCSVに変換することが必要となる作業が結構多いのでボタンクリック一つでAccessのテーブルデータをCSVにエクスポートできようにVBAコードを作りました。

CSVとは?

comma separated value

データベースなどで,各項目のデータカンマで区切ったテキスト形式ファイル

【AccessVBA】テーブルデータをクリック一つでCSVにエクスポートするコード

まず、作業内容の確認をします。

作業内容

Accessで作成したテーブルデータ(花王製品を抽出しています。)をVBAを使ってCSVに変換してエクスポートします。

 

上の図はAccessのテーブルデータです。

このデータをそっくりそのままCSVデータとして落とします。

ではさっそくやってみましょう!

作業手順

毎回同じ作業を繰り返すのが面倒なので、今回はボタンクリックひとつでエクスポートできるようにしますので、フォームでボタンを作成します。

ここではボタンを『CSVエクスポート』という名前にしました。

この『CSVエクスポート』ボタンにVBAコードを記入してボタンクリックひとつでテーブルデータをCSVにエクスポートさせますので、『デザインビュー』の『プロパティシート』、『クリック時』イベントにコードを書きます。

VBAコードは以下のように書きます。

【AccessVBA】CSVエクスポートコード

解説

こちらのVBAコードをクリックすると、Accessファイルがある場所(ボタンを作成したファイルがある場所)にCSV形式でエクスポートします。

上記コードは『商品マスタ』というテーブルのデータを『商品マスタ』というCSVに変換し、エクスポートしています。

strTblName = “商品マスタ” この部分がテーブル名にあたります。

strTblName, strPath & “商品マスタ” & ” .csv”, True この部分がCSV名になります。

変更する際は、こちらの部分を変更して使ってください。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

【Access参考書】基本からVBAまでまるわかり!独学時に使える参考本みなさんはAccessの勉強はどのようにしていますか? パソコンスクールに通った方、会社で教えてもらった方、職業訓練で教わった方な...
RELATED POST