<Access>基本からVBAまでまるわかり!独学時に使える参考書

見積書、テーブル作成開始

スポンサーリンク
アクセス【Access】

前回、イメージ図を見ていただいたんですが、それにならって設計図通り(?!)テーブルを作成していきます。

 

前回の記事はこちら

 

【Access】オリジナル開発見積書、完成予定イメージ図公開
完成予定イメージだとこんな感じに仕上がる予定です。 見積書のベースはエクセルで使っていたときのものが参考にしているし、見た目をそんなに変える必要性もなかったので、見た目はたいして変化はあえてもたせません...

 

わくわくしながら設計図にならってテーブルを作成していきました。

 

テーブルのデータはまず、見積書、見積明細、見積仮、商品リスト、得意先リスト、店舗、店コード、仕入先リスト、消費税率、担当の10個のテーブルを作りました。

 

いろいろ作ったり消したりしたんですが、この10個に最終的に落ち着きました。

 

中身はこんな感じです。

 

見積書テーブル

 

 

一番重要な『見積書』テーブル。

 

こちらは見積書の核となります。下の見積書完成図で見てみましょう。

 

見積書の見積№、日付、宛名、担当名、納期、備考などを格納するテーブルです。

 

 

上の見積書完成見本の赤く囲われている部分にあたります。

 

の自社名の部分は今回は空欄で表示しましたが、登録しておけば自動で入るように設定できるようにします。

 

見積明細テーブル

 

青い部分は『見積明細』テーブルにあたります。

 

見積明細テーブルは順番、見積№、商品コード、商品名、数量、金額などを格納するテーブルです。

 

商品リストテーブル

 

商品データが入っているテーブルです。

 

商品コード、商品名、かな商品名、仕入価格、販売価格などが格納されています。

 

得意先リストテーブル

 

得意先データが入っているテーブルです。

 

得意先コード、得意先名、かな得意先名、住所などが格納されています。

 

※CSVデータそのまま取り込んだので、入金区分などいらない部分は表示を省きました。

 

消費税率テーブル

 

今後予想される消費税変更に対応するためのテーブルです。

 

他にやり方があるのかもしれませんが、とりあえずテーブルで対応することにしました。

 

更新するたびにデータとして残ります。

 

消費税率と変更日が格納されています。

 

担当テーブル

 

当社で使用する担当者入力用のテーブルです。

 

ID(オートナンバー型)、担当番号と担当者名が格納されているテーブルです。

 

店コードテーブル

 

使用する店舗(支社)コードを表示するテーブルです。

 

ID(オートナンバー)と店舗(支社)コードが格納されています。

 

店舗(支社)テーブル

 

店舗(支社)テーブルは使用する店舗(支社)名、住所、代表者名などを表示するテーブルです。

 

見積完成予定図のの部分にあたります。

 

テーブルの作成はこんな感じで作成しました。

 

細かいデータ型の部分は後で修正を加えるかもしれません。

 

次はこのテーブルを利用して、クエリの作成です。