<Access>基本からVBAまでまるわかり!独学時に使える参考書

【Access】VBAでファンクションキーの本来持っている機能を停止する

スポンサーリンク
アクセス【Access】

ファンクションキーを割り当てして見積書に使っているんですが、初起動時、1回のみ割り当てているファンクションキーを押すと、意図していないところに大ジャンプしちゃうんです。

 

初起動時一回だけってのも謎なんですが…。

 

たった一回とはいえ、エラーは邪魔です。

 

操作に慣れてない人にとってエラーは恐怖です。

 

できるだけそういうものは残したくないので、対策をとりたいと思います。

 

エラーの症状はこんな感じです↓

 

 

F6で得意先検索フォーム開くのでですが、一瞬開いてすぐ閉じて赤い矢印のサブフォームへ大ジャンプ(笑)って感じなります。

 

得意先検索フォームを閉じるときにエラーが発生しているのかな?と思い、フォームをチェックしてみたけど、それらしきコードは見当たらない…?!

 

動作的には得意先検索フォームを閉じたときに発生するエラーなので、ここで対処するしかないのかな?と思い、考えました。

 

いろいろ試したけど、原因はわからない?!

 

いくら悩んでもわからないので、とりあえず、エラーをなくす対応策を考えよう。ということで…。

 

根が単純なので、ファンクションキーが本来持っている機能が働いているのかな?と思ったので、それを止めてみることにしました。

 

 

やったー!このコードで無事にエラーの発生を止めることができました。

 

原因はいまだ不明なままですが、とりあえず、エラーを出さないように対応できたのでよし!とします。

 

得意先検索『F6』コードそのまま掲載しているので、長そうに見えますが、たった一文です。

 

KeyCode = 0

 

これだけで、ファンクションキーを押しても本来の処理をさせないというコードの記述になります。

 

ファンクションキーに割り当てしたのに似たようなエラーが起こってしまう場合に役に立ちます。

 

あとは、ファンクションキー本来の機能停止の際に大活躍。

 

注意なのが、この場合はF6の条件式の中に組み込まれているので、F6とわかります。

 

このコードを使用するときは、ファンクションキーの指定はしてくださいね。