<Access>基本からVBAまでまるわかり!独学時に使える参考書

【Excel】エクセルで数式のエラーを回避する(非表示にする)関数

スポンサーリンク
エクセル【Excel】

 

エクセルで資料作成することが多々あると思いますが、

Excelで数式を入れたのはいいけど、空欄の部分があるとエラーになっちゃうんですよね。

美的の問題かも知れませんが、資料として出した時にこのように『#DIV/0!(ディバイド・パー・ゼロ)』とエラー表示されてるとテンションが下がります。

※『#DIV/0!(ディバイド・パー・ゼロ)』とは『0で割り算をした』時に出るエラーです。この例の場合は、『0(売価)÷100(仕切)』なので0が割っているのでエラーが出ますね。

…ていうかこのエラー表示はきれいに見えないのでちょっと許せません(笑)

この場合、C3セル(売価)が空欄なのでD3セル(粗利)の部分がエラーになります。

少ない数ならDELETEで1個ずつ消しても大して苦にはならないでしょうが、それが100、200とあったらうんざりします…。

しかもDELETEキーで消した場合、セルに挿入されてる数式も消えてしまうので、売価を入れてもこの行の合計は出ません。

そんな時に便利なのが『ISERROR』と『IFERROR』関数です。

『ISERROR』関数とは?

 

『ISERROR』でエラーを回避する場合、さらに『IF』関数も使用します。

※上の表のとおりの場合

『=IF(ISERROR((C3-B3)/C3, “”,(C3-B3)/C3)』というような具合です。

『ISERROR』解説

『(売価-仕切)/売価』で粗利が求められます。

注意!引き算と割り算では割り算が優先されてしまうので、先に引き算をさせたい場合は、必ず()『かっこ』でくくるようにしましょう!

この表の場合、売価(C3)が空欄になっているのでエラー表示『#DIV/0!(ディバイド・パー・ゼロ)』が表示されています。

意味:もし、『(売価-仕切)/売価』がエラーだったら『””』(空欄)にし、エラーが出ていなければ『(売価-仕切)/売価』を計算します。

『ISERROR』では『かっこ()』をたくさん使ってしまうので、どうしても数式が長くなります。

『IFERROR』関数とは??

私も『ISERROR』関数は知っていたのですが、『IFERROR』は知りませんでした。

『IFERROR』はExcel2007から登場した関数のようです。
まだまだ勉強不足だなぁと感じる今日この頃です。

『IFERROR』を知るまでは、エラーを回避するには『ISERROR』関数をよく使っていました。

『IFERROR』を使ってみましょう!

では、『IFERROR』関数を使ってみましょう!

『ISERROR』と同じように上の表の『#DIV/0!(ディバイド・パー・ゼロ)』を『IFERROR』を使って非表示(数式を消さずに見えなくする)にしてみます。

『IFERROR』は『IF』関数と『ISERROR』を合わせたような関数です。

式は下のように『=IFERROR((C3-B3)/C3,””)』となります。

 

『IFERROR』は『ISERROR』に比べると簡単な式ですね。

コンパクトにまとまっているので式が短くてわかりやすいです。

Excel2007、Excel2010、Excel2016では追加されているので、『IFERROR』関数をぜひ使ってみて下さい。

【Excel】エクセルで原価と粗利からキリの良い売価を求める計算式
久しぶりにExcel系の記事を書きます。 後輩に『商品の原価から一定の粗利で売価を求める関数とかないんですか?』と質問されたので、まとめてみたいと思います。 商品の原価と粗利(粗利益率)から売価を求める計算式 いきなりエクセルに計...