AccessからボタンひとつでExcelへエクスポートし、セルへデータを挿入

見積書を作っていてどうしてもAccessではなく、慣れ親しんでいるExcelで見積書を手直ししたいという方もいるかもしれないと思い、入力はAccessでしてもらいますが、Excelに落として、好きなように加工してもらえるようにAccessからボタンひとつでExcelにエクスポートできるようにVBAを作ってみました。

 

コードは『moug』さんのサイトを参考にさせていただき作りました。

 

こちらがその、エクスポートの記事です。

 

https://www.moug.net/tech/acvba/0090031.html

 

とてもわかりやすく書いてあるので簡単にできると思います。

 

今回はエクスポート部分は省略します。

 

エクスポートをして、エクセルを開いた時に書き込みます。

 

先ほどのmougさんのコードを使うとExcelのオープンも含まれていますので、これを利用して書き込みます。

 

それでは作ってみましょう!

 

まず、Accessからデータをエクスポートする専用のシートを作っておきます。

 

 

今回は『Accessシート』という名前の何も入っていないシートをExcelにあらかじめ作っておきました。

 

Accessからエクスポートしても横並びのデータのままでは使えません。

 

ここからExcelの見積書に合うように自動で書き込みするようにコードを作ります。

 

Excelの見積書はこんな感じです。こちらの見積書のシート名は『原本』としています。

 

 

Excelを開いた時に実行するコードを書きます。

 

コードはExcelを開いた時に実行するようにOpenで作っておきます。

 

 

こんな感じで作っているとAccessの見積検索からExcelに書き出したい見積書を指定してボタンクリックひとつでExcel見積書へエクスポートできます。

 

ぜひやってみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Accessを独学で勉強したい方へ
Accessおすすめの参考書

Accessを独学で勉強しようと思っている方へおすすめの参考書をまとめました。私も使っている選りすぐりの参考書です。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です