【Access基礎】仕事で使える知識を早く身につける勉強方法

【Access基礎】仕事で使える知識を早く身につける方法

仕事でAccessを使うために早く覚えたい!

業務的にAccessを使用するとなると毎日のことなので、早く身につけたいですよね。

AccessってExcelより難しく、とっかかりにくそうなイメージがちょっとありますが、Excelが理解できればそんなに難しくはないので、仕事で使えるようになるために頑張って勉強してみませんか?

早くAccessを使えるようになるためのおすすめの身につけ方をご紹介します。

パソコンスクールで勉強する

1番はスクールに通って教えていただくことだと思います。

ExcelやWordの基礎を教えてくれるパソコンスクールはたくさんあるけど、Accessを教えてくれるパソコンスクールは結構少ないです。

さらに、ExcelもAccessもVBAを教えてくれるパソコンスクールとなるとほとんど見つかりません。

ちなみにアビバはExcelVBAは教えてくれます。

AccessはVBAまでは教えてもらわなくても、基礎さえしっかり押さえればその先は独学で勉強できます。

私もExcelのVBAやAccessの基礎、VBAを教えてくれるパソコンスクールを探したのですが、結局、条件に合うものは見つけられませんでした。

田舎住みなので、駅前まで出ていかないとパソコンスクールがない!しかも仕事終わってから駅前まで行くなんてダルすぎる^^;

費用も高いんですよね。
今の私にそんなお金出ません!!

本当は余裕があれば理解している方に教わるのが1番早く理解出来るんですが、私のように住んでいる環境や仕事の終わる時間によっては通えない方もいると思います。

職業訓練を利用する

私は、これは独学で勉強するしかない!と悩んでいた頃に結婚を機に仕事を辞めたので、職業訓練に通いました。

当時、Accessが学べるカリキュラムがあるものが2つしかなかったのですが、そのうちのひとつに無事合格し、Accessは基礎を学ぶことが出来ました。

AccessのVBAは独学で今も勉強中です。

>>Accessを独学で学ぶ時に役に立つ参考書

基礎を学んでいるとその後の応用は独学でも勉強していけるので、基礎だけでも知識のある方に教えていただけると身につくのが早いと思います。

Access理解の近道は『基礎を理解する』こと

Accessの基礎がわからないとVBAは使えないと私は思います。

テーブル、クエリ、フォーム、レポートこの4つを理解し、リレーションシップを理解して初めてVBAを使った開発が出来るのではないかと私は思っています。

正直、クエリとリレーションシップは苦手です。

でもクエリとフォームが作っていて面白いと感じるところでもあります。

話は逸れましたが、まずはAccessの基礎を身につけることから始まります。

人によって勉強の仕方は様々だと思いますが、ExcelやAccessなどを1番早く身につけるには『手を動かすこと』です。

本だけ眺めていて、実際に作ってみると、なんだっけ?なんていうこともあるので、この手の勉強法は手を動かす!
これにつきます。

Accessの基礎を独学で身につけるには『よくわかる Microsoft Access 2016 基礎』の実践問題集をひたすら解くことです。

だいたい解けるようになったら実践形式の問題を解きます。

【Access基礎】実践形式のおすすめ問題集

まとめ

Accessを学べるパソコンスクールは数少ないけど、あります。

時間的、金額的余裕があればスクールに通って勉強するのが1番早く身につけることが出来るが、通う時間、金額的に余裕がない場合は独学で参考書や問題集を買ってひたすら繰り返し解くことがAccessを早く身につけるコツです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Accessを独学で勉強したい方へ
Accessおすすめの参考書

Accessを独学で勉強しようと思っている方へおすすめの参考書をまとめました。私も使っている選りすぐりの参考書です。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です